アミティーザって、どんなお薬?

2017年01月31日
お医者さんで処方される便秘の治療薬は色々あります。でもその中で、まったく他とは違う作用を持つお薬をしっていますか?

それは、「アミティーザ」というお薬なんです。

アミティーザは、クロライドチャネルアクチベーターと呼ばれる新しい作用をもっていて、小腸に働きかけて、小腸内の水分の分泌を増やすことで便を軟らかくするので、排便がスムーズになるんです。

便秘の原因って、腸の中で便が、正常な便を出すためにかける時間以上に滞留してしまうから起こります。
滞留している間に便がカチカチになってくるので、排便を促すためには、
便を軟らかくして、腸の中でスムーズに移動させなくてはいけません。アミティーザの作用が、これを可能にするんですね。

また、その他にもアミティーザは、クロライドチャネルを活性化させて、腸管粘膜上皮を修復する作用も持っています。このことも、便の通りを良くするんです。


昔からよく使われてきた下剤に、酸化マグネシウム(便を軟らかくする)やセンノシド(大腸刺激性の下剤)というお薬があります。アミティーザは、これまでの下剤とはまったく違う効き方をするので、これまでのお薬で効果がなかった人では、アミティーザで便秘が改善する可能性があります。



アミティーザの服用方法ですが、1回1カプセルを朝食後と夕食後というのが基本です。でも、患者さんそれぞれの症状にあわせてアミティーザの服用方法や用量を調節するので、必ず、お医者さんや薬剤師さんの指示に従ってくださいね



アミティーザの副作用として、主にみられるのは吐き気や下痢です。アミティーザは下剤だから、効き過ぎて下痢の症状が出る場合もあって、そんな場合は飲む用量を調節することもあります。


また、吐き気が見られるときは、アミティーザを飲む量を調節したり、飲むのを中止したりすることになります。
いずれにしても、アミティーザを飲んだあとに副作用がでてきたら、お医者さんや薬剤師さんに相談して、指示を守ってくださいね。


慢性便秘の治療薬「アミティーザ」は、世界では10年前から使われていて、日本では4年前から使われるようになりました。


アミティーザは、他の下剤と効き方が違うだけでなく、他の内服薬と併用して飲むこともできるので、常用薬のある人にとっても、アミティーザだと安心できますね。

コメント

名前
メール
URL
内容

情報を記憶する
プロフィール
管理者:美・美・美の美太郎が行く!

<< 2017年 01月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
リンク集